スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃形式コンテナを追う コレクション編(3)

今日から8月ですね。
廃形式コンテナを追う コレクション編第3弾
ご紹介していきます。今回最後となります。

DSC_0032.jpg
一つ目はU47A形 FLカンガルー便所有
日本フレートライナー(株)、西濃運輸(株)との
コラボ輸送コンテナです。何れも路線貨物専用です。

DSC_0031.jpg
U50A形 合同通運(株)所有 ウイングコンテナ
全高・全長が規格外。
廃形式と言う訳ではありませんが別のコンテナへの
形式変更と言う形で現形式での運用は見られなくなりました。

DSC_0021_20140731090945c1d.jpg
U47A形 日本通運(株)所有。日通のペリカン便で
お馴染みの路線貨物用コンテナです。
旧国鉄末期からJR貨物移行(スーパーライナー)
列車に多く積まれて運用されていました。

現在はペリカン便と言う愛称は廃止となり、
日通エキスプレスと言う名に変わり日通青色に
塗色変更の上で小規模数ながら運用中。

DSC_0029_20140801065736d8c.jpg
冷凍コンテナの廃形式です。
UF40A形 キューソー流通システム(株)所有。
マヨネーズでお馴染みのキューピーマヨネーズの子会社
と言う事で物流の殆どがキューピー関連の物流を一手に
手掛けています。コンテナは一時期原料輸送や製品輸送に
使用されていたと見られます。

DSC_0030.jpg
最後はUF42A形 日本石油輸送(株)所有。
冷凍食品で有名なニチレイの冷凍食品輸送用コンテナです。
側面両サイドにニチレイのお弁当にGood!シリーズの広告が
インパクトありますね。


スポンサーサイト

廃形式コンテナを追う コレクション編(2)

廃形式コンテナを追う コレクション編の続きを
ご紹介していきます。

実は手持ちのコンテナのコレクション総数は数えた事が
数回しか無いので大まかな数しか算定出来ないのですが、
400個近い数に上るのでは?と思います。

コキ車に載せてるコンテナ以外に余りコンテナと、
廃形式ばかり固めたコンテナの方が多いのですが。

DSC_0014_2014073012021719a.jpg
U49A形 全国通運(株)所有。
路線貨物用コンテナですね。JR貨物発足間もない頃、
スーパーライナー等の高速貨物列車に必ず1個乃至は
載っていたコンテナの一つです。このタイプは旧カラー
です。現在はウイング型コンテナに変わり全通のイメージカラー
である明るいパークグリーンの派手なコンテナになっています。

DSC_0016_20140730120219552.jpg
U52A形、日本梱包運輸倉庫(株)所有。
ウイングコンテナ。形式としてはまだ新しいグループですが、
ECO LINER形(U47A該当)に置き換えられて廃形式に
なるコンテナが出て来ています。
バイク輸送のパイオニア的企業にて2段積み構造の
ラックが特徴的でした。九州~東京間運用。

DSC_0023_20140731090948639.jpg

U48A形 日立物流(株)所有。
日立の家電製品輸送用コンテナです。嵩高荷物
対応の為、全高・全幅が規格外ですね。
関東圏のみの運用だったようです。
特徴は珍しく中央にある搬入扉でした。

DSC_0022_20140731090947cba.jpg
U48A形 フットワーク(株)所有。
宅配便業界で異彩を放っていたコーポレートマーク、
カラーリング。九州ー東京<間の高速貨物列車には
必ず数個は載ってました。残念ながら企業そのものも
見なくなりましたね。

DSC_0025_20140731090944230.jpg
UV56A形 九州運送(株)(佐川急便グループ)所有。
飛脚便でお馴染みの佐川急便グループの一角である
九州運送のコンテナです。カラーリングは佐川急便そのもの。
主に路線貨物専用でした。56と通風コンテナでは最大容積。
積載数も多く1列車に付き、10個前後載せられてる
列車もありました。現在はギャラクシーカラーに変更され
活躍しています。




廃形式のコンテナを追う コレクション編~

7月も今日入れて2日で終わりですね。
梅雨が明けた途端、猛暑の日々が続いています。

熱中症にはくれぐれもご注意下さい。
こまめな水分補給は欠かさずに。


今回は廃形式のコンテナを追う コレクション編を
ご紹介します。

余談はさておき、早速、画像貼っていきますよ!
DSC_0006_201407301141597c0.jpg
DSC_0007_20140730114200c0d.jpg

U50A形 東陸運輸(株)所有であったウイング式コンテナ。
側面、妻扉面に親子コアラのモチーフのイラストが描かれてますね。
主に東京~九州間での運用だったみたいです。
事情は不明ですが何時の間にやら姿を消しました。

DSC_0009_201407301142029a4.jpg
U50A形 上と同形式のYKKap所有。ウイングコンテナ
YKKap自体、ネコを題材としたユニークな窓サッシのCM
放映されてますね。窓枠やサッシ類の輸送用として活躍。
運用区間は九州~宮城野(東北仙台近郊)間。

実際に、京都駅にて積載列車見ましたw

DSC_0011_20140730114157f7f.jpg
U52A形 刈谷通運(株)俗称:カリツー所有。
トヨタ系自動車部品輸送が主です。
運用区間は名古屋~広島間。
廃形式ではないのですが現在は塗り替えてデンソー(株)
部品を輸送してるみたいです。

DSC_0020_2014073012022114a.jpg
U50A形、名鉄運輸(名鉄宅配便)所有。
こぐまの名鉄宅配便でお馴染みのコンテナです。
運用区間の決まりは無く主に東海道・山陽本線。

DSC_0019_20140730120218e1f.jpg
本日最後はUV50A形、産交運輸(株)(こだま便)所有
通風コンテナとして路線貨物用コンテナ。
旧国鉄末期~JR貨物発足にかけて運用。
スーパーライナーにも載せられていた模様。
東京~九州間運用。



廃形式のコンテナを追う 序章~

おはようございます。久しぶりの鉄道コンテナネタです。
本来、コレが趣旨なんですが幾分、ネタが少ないので。

どの世界もそうなのですが、新しい物が出て来て、
古い物が無くなるのは世の常。

鉄道コンテナも同じように真新しかったコンテナも
何時の間にやら姿を消して行く消耗品みたいな物です。
実車の場合は顕著でちょっと見かけなくなったなぁと
思えば廃形式になってる事多いんです。

それに比べて、鉄道模型の世界では廃形式云々、
関係のない世界。

逆に登場時の姿を表現出来る唯一の世界でもあります。
古くさかのぼれば、国鉄時代に誕生した“特急コンテナ列車”
たから号や、JR貨物発足当時登場した“スーパーライナー”
も当時の姿を再現可能になりました。

載っているコンテナ自体も当時では再現不可能であったのですが、
現在、メーカー品も含めガレージキットメーカーの販売品
等々豊富なラインナップの恩恵で実現可能になりました。

古き良き時代の廃形式のコンテナ達(手持ちコレクション)には
なりますが次回以降順次ご紹介して行きますね。

今回は序章と言う事でコレにて閉幕。

トラックコレクションにも手を出す 其の2

ゲームなお話を挟みましたが、トラコレの続きを
ご紹介します。

トラコレシリーズの発売から数ヶ月。
待ちに待ったシリーズが製品予告化されました。
コンテナトラックシリーズです。

実はこの裏では新たなラインナップとして、
トレーラーコレクション(以下:トレコラ)が製品化。
第一弾としてISO海上コンテナ搭載のコンテナトラックが
発売開始。40ftドライコンテナ、40ft冷凍コンテナの2タイプ
10種類+シークレット1台がラインナップ。
更に嬉しい事が。搭載の40ftISOコンテナが
取り外し可能にて別売りのTOMIX製コンテナ貨車に
搭載可能と言うではありませんか!?

ダブルの衝撃でした。トレーラーコレクション第一弾は即予約。
当時大人買いのBOX注文しましたね。

届いて開封したらな、なんと!シークレット車が1台含まれてるw
必ずしもシークレット車が同梱されている訳じゃ無いので感動。
トレコレ・ISO40f正面1
トレコレ・ISO40f後方2
記念すべきトレコラ第一弾の中身がいきなりシークレット車とは
ツイてましたねw

そうこうする内に、トラックコレクション第4弾も発売開始。
BOX買い出来なかったので単品買いする事に。。。。

トレコラ・トラコレ双方とも中身の見えないブラインドパッケージ
にて中身が見えると人気車種ばかり売れて売れ残りが発生する為、
敢えて中身の見えない形で販売してるとか。

神にもすがる思いで購入した4個買い。
トラコレ・ECO31正面1
トラコレ・ECO31後方2
4個の内、2個が大当たり。初の製品化31ftコンテナ。
しかも日通のECO LINER31、U47A形。
いや~マジで嬉しかったです。
あと、もう1台の画像はありませんけど
(以前のコンテナ紹介記事で登場)

U47A形の全国通運搭載のトラック。
実は31ftコンテナトラックは4タイプ有り、
日通、全通、佐川(SRC仕様)、西濃(カンガルー)
タイプがラインナップされてました。
トラコレ・カンガルー正面1
トラコレ・カンガルー後方2
何回目の購入かは失念しましたが、
西濃運輸のカンガルー便仕様のU54A形搭載の
日野プロフィアをGET。
主にこのコンテナは北海道~首都圏間での
運用に載せられてるので東海道筋では見掛けない
コンテナですね。

同じくダブリですがECOLINER搭載のトラックもGET。
嬉しいダブリですw

その後、続編となるコンテナシリーズが冷凍31ftコンテナ
シリーズとして復活しました。

DSC_0024_20140717000858b4a.jpg
DSC_0025_2014071700085577a.jpg
こちらのコンテナも以前の記事でご紹介
した筈ですよね?U41A形福岡運輸所有です。

DSC_0022_20140717000856738.jpg
DSC_0023_20140717000857db7.jpg
日産ディーゼルクオンのUF42A形西久大運輸倉庫(株)所有。
トラコレ・冷凍日通正面1
トラコレ・冷凍日通後方2

同車種、同形式の日本通運(株)所有。FRESH!

トラコレ・冷凍日石正面1
トラコレ・冷凍日石後方2
同じく同車種、同形式の日本石油輸送(株)JOT

トラコレ・冷凍ヤンマー正面1
トラコレ・冷凍ヤンマー後方2
同車種・同形式のヤンマーディーゼル(株)所有。
(※現在はヤンマーディーゼル(株)は冷凍コンテナ事業
から撤退の為、同型のコンテナは他社が所有)

全部で6種のラインナップでした。同車種、同形式のランテック
搭載の冷凍コンテナトラックは余りにも人気過剰の為、
店頭には殆ど無く中古品でも高値の花で購入断念(T_T)
フルコンプとは行きませんでした。

更にその後も数回挑戦するもダブリトラックにて
事実上の断念。

その後はトレーラーコレクションにて31ftコンテナ搭載の
コンテナが製品化されるも品薄で購入自体断念。

オマケ。因みにトラコレを利用して搭載コンテナ以外の
コンテナを載せてみました。
トラコレ・BIG55正面1
トラコレ・BIG55後方2
フル規格のU55形 55BIG ECOLINER31。
超が付く程の背高コンテナですが幾分、トラックの荷台
が低底仕様なので載せても違和感無いですね。

トラコレ・FL正面1
オマケその2全通仕様のトラックに
UV54A形日本フレートライナー(株)(TOMIX製単品)を
載せてみました。こちらも全く違和感ありません。



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

fureita

Author:fureita
fureitaと言います。以前のゲームネタ話を一新し、趣味である鉄道模型話をメインとして時にゲームや日常的雑談をご紹介していくブログです。

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5513位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
737位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
滞在者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。