スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃形式コンテナを追う コレクション編(2)

廃形式コンテナを追う コレクション編の続きを
ご紹介していきます。

実は手持ちのコンテナのコレクション総数は数えた事が
数回しか無いので大まかな数しか算定出来ないのですが、
400個近い数に上るのでは?と思います。

コキ車に載せてるコンテナ以外に余りコンテナと、
廃形式ばかり固めたコンテナの方が多いのですが。

DSC_0014_2014073012021719a.jpg
U49A形 全国通運(株)所有。
路線貨物用コンテナですね。JR貨物発足間もない頃、
スーパーライナー等の高速貨物列車に必ず1個乃至は
載っていたコンテナの一つです。このタイプは旧カラー
です。現在はウイング型コンテナに変わり全通のイメージカラー
である明るいパークグリーンの派手なコンテナになっています。

DSC_0016_20140730120219552.jpg
U52A形、日本梱包運輸倉庫(株)所有。
ウイングコンテナ。形式としてはまだ新しいグループですが、
ECO LINER形(U47A該当)に置き換えられて廃形式に
なるコンテナが出て来ています。
バイク輸送のパイオニア的企業にて2段積み構造の
ラックが特徴的でした。九州~東京間運用。

DSC_0023_20140731090948639.jpg

U48A形 日立物流(株)所有。
日立の家電製品輸送用コンテナです。嵩高荷物
対応の為、全高・全幅が規格外ですね。
関東圏のみの運用だったようです。
特徴は珍しく中央にある搬入扉でした。

DSC_0022_20140731090947cba.jpg
U48A形 フットワーク(株)所有。
宅配便業界で異彩を放っていたコーポレートマーク、
カラーリング。九州ー東京<間の高速貨物列車には
必ず数個は載ってました。残念ながら企業そのものも
見なくなりましたね。

DSC_0025_20140731090944230.jpg
UV56A形 九州運送(株)(佐川急便グループ)所有。
飛脚便でお馴染みの佐川急便グループの一角である
九州運送のコンテナです。カラーリングは佐川急便そのもの。
主に路線貨物専用でした。56と通風コンテナでは最大容積。
積載数も多く1列車に付き、10個前後載せられてる
列車もありました。現在はギャラクシーカラーに変更され
活躍しています。




スポンサーサイト

廃形式のコンテナを追う コレクション編~

7月も今日入れて2日で終わりですね。
梅雨が明けた途端、猛暑の日々が続いています。

熱中症にはくれぐれもご注意下さい。
こまめな水分補給は欠かさずに。


今回は廃形式のコンテナを追う コレクション編を
ご紹介します。

余談はさておき、早速、画像貼っていきますよ!
DSC_0006_201407301141597c0.jpg
DSC_0007_20140730114200c0d.jpg

U50A形 東陸運輸(株)所有であったウイング式コンテナ。
側面、妻扉面に親子コアラのモチーフのイラストが描かれてますね。
主に東京~九州間での運用だったみたいです。
事情は不明ですが何時の間にやら姿を消しました。

DSC_0009_201407301142029a4.jpg
U50A形 上と同形式のYKKap所有。ウイングコンテナ
YKKap自体、ネコを題材としたユニークな窓サッシのCM
放映されてますね。窓枠やサッシ類の輸送用として活躍。
運用区間は九州~宮城野(東北仙台近郊)間。

実際に、京都駅にて積載列車見ましたw

DSC_0011_20140730114157f7f.jpg
U52A形 刈谷通運(株)俗称:カリツー所有。
トヨタ系自動車部品輸送が主です。
運用区間は名古屋~広島間。
廃形式ではないのですが現在は塗り替えてデンソー(株)
部品を輸送してるみたいです。

DSC_0020_2014073012022114a.jpg
U50A形、名鉄運輸(名鉄宅配便)所有。
こぐまの名鉄宅配便でお馴染みのコンテナです。
運用区間の決まりは無く主に東海道・山陽本線。

DSC_0019_20140730120218e1f.jpg
本日最後はUV50A形、産交運輸(株)(こだま便)所有
通風コンテナとして路線貨物用コンテナ。
旧国鉄末期~JR貨物発足にかけて運用。
スーパーライナーにも載せられていた模様。
東京~九州間運用。



廃形式のコンテナを追う 序章~

おはようございます。久しぶりの鉄道コンテナネタです。
本来、コレが趣旨なんですが幾分、ネタが少ないので。

どの世界もそうなのですが、新しい物が出て来て、
古い物が無くなるのは世の常。

鉄道コンテナも同じように真新しかったコンテナも
何時の間にやら姿を消して行く消耗品みたいな物です。
実車の場合は顕著でちょっと見かけなくなったなぁと
思えば廃形式になってる事多いんです。

それに比べて、鉄道模型の世界では廃形式云々、
関係のない世界。

逆に登場時の姿を表現出来る唯一の世界でもあります。
古くさかのぼれば、国鉄時代に誕生した“特急コンテナ列車”
たから号や、JR貨物発足当時登場した“スーパーライナー”
も当時の姿を再現可能になりました。

載っているコンテナ自体も当時では再現不可能であったのですが、
現在、メーカー品も含めガレージキットメーカーの販売品
等々豊富なラインナップの恩恵で実現可能になりました。

古き良き時代の廃形式のコンテナ達(手持ちコレクション)には
なりますが次回以降順次ご紹介して行きますね。

今回は序章と言う事でコレにて閉幕。

COD派?BF派

連日の猛暑で体力が持たない。年の功をやや感じる
今日この頃です。

巷ではFPS系ゲームでの派閥じゃないですけど、
そう言う話題がのぼりガチ。

そんな中でも意見が二分するのが、BF派・COD派
と言うどちらに分かれるのかと言う事。

どちらをどうとか、長所・短所をどうとかって批判し合う
サイトもあるようですけど色の違いじゃ無いかなと自分は
思います。つまり、同じFPSゲームとは言え簡素化された
ゲーム性とリアルにこだわりあたかも戦場にいる雰囲気を
味わえるような演出のシチュエーションの何れかじゃないかと。

結局は、CODシリーズとBFシリーズ双方を一概に比べるのは
難しいのですが、BFを長くプレイする管理者の個人的見解を
述べますと、BFBC2と同時にプレイしたFPSがCODモダン
ウォーフェア。未だに人気を博すCODの代表作ですよね。

数時間のプレイだけで判断するのは時期尚早ですけど、
初心者からすれば訳も解らずマップでうろついていたら
敵と思われるプレイヤーにいきなり狙撃されて・・・
撃ち合い、殺るか殺られるかの世界の洗礼を受けた感じでした。
にしても瞬殺ってこう言う事を言うのかとも思いました。

どうしても引き合いに出されるのがBFとの違い。
CODは比較的マップは狭く、敵との距離が近い事。
正直、銃のリアル性は重視されず、単に撃ち合いに徹した
仕様に思えました。リロードも早いですね。
またBFの様な乗り物系は殆どありませんし、兵科と言う
ジャンルもない。味気ないような気もしますけど。
054_20140728085047481.jpg

一方、BFは広大なマップを主とし、試合時間も、
参加人数もCODを遙かに凌ぎます。
CODでの建物破壊無効に対して、BFはある程度
の建築物は破壊可能。つまり、実際の戦場に居る
疑似体験を再現したゲーム性ですね。
一番大きいのは分隊システムと兵科。
チーム戦重視なのがBF最大の醍醐味。
弾薬補給、蘇生、修理破壊工作、偵察が
行えるのはBFだけ。分隊や味方チームへの
貢献し合えるってがイイじゃないですか。

逆に簡素化されたCODユーザーからすれば
面倒だと切り捨てればそれまでですけど。

CODヘビーユーザーは広大なMAP駄目とか
言う人多いですね。言葉が悪いかも知れませんが
つまり“戦争ごっこ”位置にあるのが、COD、
本格志向がBFと棲み分け出来るんじゃと。

但し、唯一双方の共通点は、ランクや経験値の差が
如実に出る事ですね。初心者VS中・上級者(廃人)
の差は決定的だと言う事。

マップの狭さを生かし把握し易いのはCOD。その分
熟練者のイイ的になるのは必至。
BFもマップの広大さ故に初心者が彷徨きが
仇となり芋プレイヤーの餌食に。

結論は死んでナンボの世界だって事です。
教訓を生かせ!日々の積み重ねですよ。

CODの当たり判定は胴体を銃撃されても死にます。
BFはヘッドショットは即死、胴体は体力にも依りますが、
2回程の銃撃を受けると絶命します。(例外有り)

銃のリアル差はCODとは比較すら出来ない位、
BFはリアルスティックですね。
申し訳ないけどCODはおもちゃ仕様。
モデルガンですね。
銃の挙動、弾道、アクセサリーパーツの種類
の多さは圧倒的にBFです。
逆にCODは銃の種類は豊富みたいです。

スナイパーライフルに至っては銃の弾道が顕著に
現れ中距離以上の狙撃は実銃と同じく弾の弾道
が下がります。それを踏まえて狙わないとキル出来ない
等、テクニックが要るんです。

今作のBF4は更にパーツが細分化されており、
マズルフラッシュ、コペンセイダー等の抑制部品が
加わり、グリップ類も数が増えました。

銃の個性の要素も追加され、各プレイヤー好みの
迷彩も施せるようにと進化しました。

どちらも長所・短所ある訳ですが、今の所管理者は
BF派でしょうかねぇ。


過去ネタ掘り返し

ネタ不足が否めない昨今なので
過去のネタでも掘り返して新たにプチリニューアル
して行きたいと。

BF3やBF4でメインで使用している武器多々ありましたけど、
しっくり来る武器少なかったんですけど今作BF4で素敵な
出会いがあったのがコレ↓

BF3でも威力の高かったカービンライフル MTAR-21。今作も登場

私ことMr援護兵の主力武器カービン系のMTAR21です。
前作からの登場でしたが前作では強武器と言われつつも、
自分では一度も使用せず終いでして。(要は解除出来なかった)
今作のDLCチャイナライジングの任務にて解除。
それ以前は同じく強武器のACW-R独占でしたが、
MTAR21解除後はこちらに一目惚れ。

弾速が早い割に思っていたより反動も少なかった(個人的見解)
マズルorサプレ&アングルグリップ装着で飛躍的に性能が向上。
個人的には後者のサプレ装着が一番使い易いですね。

人からはサプレ装着は汚いと言われますけど、
要は試合に勝つのが先決。
個人のキル率とか気にしてられませんし。
仲間(分隊)の為に例え汚い手と言われようが
自分の意思は曲げません。勿論、C4特攻も
進んで行います。

でも、流石にLMG使用時、サプレは付けませんよ。
男らしくない!邪道です。
LMG持ちなら弾幕張るなら前へ出ろ!って言いたいです。

懐かしついでにw

鉄なお話はネタが十分では無いので少しお休みします。

しかし、暑い暑い・・・その言葉しか出て来ないです。
ブログを書いているたった今も熱帯夜でしょうか?
蒸し暑苦しい夜ですね。

昨日、UPした記事に関連する記事になるのですがご紹介
して参ります。

今あるXbox360のフレンドさん達の多くは主にBF3、
BF4、マインクラフトと言ったゲーム繋がりのフレンドさん
でした。しかしながらPS3から箱版へ移行し始めた当初は
ほぼゼロでした。

そんな中、唯一のフレンドになって頂いた方が
TABUMAN56様でした。
本当であればYouTubeにて実況動画にてTABUMANさん
主導で一緒にプレイする予定でしたが私のゴールドメンバー
購入遅れにより実質実現不可になりまして。

確か~?偶然お会いする機会あって無人のメトロで
写真撮りましたよね?

024_20140725233324b54.jpg
025_20140725233326d04.jpg
026_20140725233323290.jpg
3枚のショットです。アサルトのSCAR-Hのサプレ付かな!?

間もなくBF4を復活させます。繋ぎとしてたまにBF3やってましたけど、
まぁ、BF4と違ってAIMが定まらなくて(特にAEKとか)
繋ぎにすらならなかったです。やはり4は射撃演習場の存在
が大きいですね。3だといきなり戦場部屋なんですから。

~視聴者交流戦に初参加したBF3時代~

旧ブログでもお伝えした事があるとは思いますが、
再度、ご紹介したいと思います。
過去を振り返る意味で。

元々今に続くBFシリーズとの出会いは
You Tube実況動画シリーズでお馴染みの
うP主ことBlackBirdCaris
こと、“カリスさん”のPS3版、BFBC2の
実況動画の視聴でした。
(現:仲間は殺らせない!BF4実況プレイ)
(※現在は動画BFBC2編はありません。)

それ以前はFPS系ゲームとは一切無縁でして、
レース系やシュミレーション系ゲームプレイが
多かったのですがこの実況動画との出会いで
一気にFPS系(BF)にハマる事になりました。

BF以外でもCODシリーズ等プレイするも、
実際に居るかの様な迫力、銃弾が飛び交う
リアル過ぎる音、銃撃の激しさに一時凌ぎで
逃げ込んだ建物でも粉々に破壊されると言った
実際の戦場でも起こる得る状態を見事に再現した
BFシリーズは他のどのFPS系ゲームには無い
まさに戦場を再現したパーフェクトなゲームでしたね。
マップエリアの広さもFPS系の中ではNO1じゃないかな。

そんな中、シリーズ第3作になるBF3が発売。
実況動画もBF3へと移行しまして、同じようにBF3を購入。
後にプレミアムも同時購入。

カリスさん率いるクランBFY面々と繰り広げるプレイ動画
は視聴していて毎回、楽しく、愉快で時に熱く仲間同士の絆?
を随所に感じてましたし次回も必ず観たいと思わせる内容でした。

未だにそうですけどお世辞でも上手い訳じゃ無かった。
当時なら尚更でした。何時かカリスさん達と相まみえる時が
来ると良いなぁ~と妄想描いてましたね。

それが現実となったのがBFYクラン初のイベントである
「視聴者交流戦 Part1」でした。BFYクラメンの方達と
敵味方に分かれて戦うと言う当時では画期的なイベント。

またその模様を実況動画として録画し後日YouTubeにて
放送すると言うモノ。参加条件はIDを晒してもOKな人。
後に動画としてYouTubeにて流れるんですからね。

告知動画にて知ったわけではありますが、人気の動画だけに
参戦する事自体難しい(24人対戦1チーム12人)用意された
鯖部屋に入る事も難しいんじゃ?と不安に駆られつつも入室
のカギをメモメモ。運良く入れたらラッキーってつもりでした。
でもテンションはMAXでしたねぇ。

イベント当日、メニュー画面からサーバー検索で“BFY”で
調べたら出て来ましたぁ。ドキドキの入室カギを入力。
満室なら入れませんけれど偶然にも入室出来まして。
開始時間まで未だ多少時間があったせいか、BFYクラメン
の姿は見えず。前座試合の真っ最中でした。
開始前のスコアボード画面です。055.jpg
赤線で囲った部分に11番目“fureita”と出てますw
前座試合で2キル1デス状態。
056.jpg
拡大で。

んで以て試合開始。憧れのカリスさんもそうですが、
BFYクランメンバーとの一戦は興奮しましたよ。
一時的とは言え一戦交えるんですからね。
成績と言うよりは参加する事への意義ですかね!?
当時は未だ新兵でしたしどちらかと言えば突撃型でした(^_^;
いや、特攻型と言うのが正しいかな。

ランク戦では無いので個々のランクは表示されてません。
純粋に戦い合うルールでした。

ゲームモードはコンクエスト(以下:CQ)
当時はまだ不慣れだったせいもあり、メイン武器は
DAO-12って言う12連発式のショットガン装備。
マップはクラシックMAPの市街地戦となるセーヌ。
市街地戦ならではの入り組んだMAPが特徴です。

成績はチーム戦負け。自身も6キル14デスとデス先行
でしたが、新兵の割には良く闘えたと思います。

動画の中には映ってませんけど敵分隊員の一人として
参加出来たのは良い思い出ですね。

尚、この時の交流戦動画はYouTubeにて視聴可能です。
下記にリンク貼っておきますので宜しければどうぞ。

You Tube
「仲間は殺さらせない!BF3実況プレイ視聴者交流戦 Prat1」

バリスティック・シールドの能力は?(DLC・Dragon's Teeth)

先日、お伝えしたBattlefield4のDLC『Dragon's Teeth』先配信
から間もなく1週間を迎えようとしています。

配信前から話題になっていた援護兵ガジェットであり、BFシリーズ
ではお初お目見えの防弾盾こと“バリスティック・シールド”
の詳細が少しずつではありますが判明して来ました。

防弾盾と聞いて、如何ほどの耐弾能力があるのか?
爆破耐性は?気になる所ではありますが
一つずつ精査していきましょう。

まずは耐弾性について。
所謂、LMG系、カービン系、アサルト系、DMR系~
多種あるのですが一定の耐弾能力はあります。
(コレに耐えられないと防弾の意味を成さない)

至近距離からの銃撃にもビクともせずにて、
有効みたいですね。

但し、シールドを展開する際のモーション動作後、
地面に設置する際に足部分に隙間が生じてそこを
射撃されてキルされると言うシチュエーションが見受け
られるようです。

また、シールドの覗き窓部分のガラス(強化ガラス?)
の強度が極端に低いらしく、スナイパーライフルによる
狙撃2回程で破壊され、破壊された後、空いた部分から
狙撃若しくは流れ弾にてヘッドショットにて死亡すると言う
シーンも多いと聞いています。

爆破耐性は殆ど無いようで<、グレネード、C4の直撃を
喰らうと即死亡。防弾に特化したシールドみたいです。

シールド本体の破壊・破損の報告は未だありませんが、
シールド自体のダメージは一律20~25ダメージと
おおよそですがあるようなので、壊れるんでしょうね。。。。

言うまでもありませんがシールドを展開した両側面、
後方から攻撃を喰らうと(えば)ひとたまりもないのは
事実です。

有効なマップとしてはオペレーション・ロッカーや、
オペレーション・メトロがシールド展開に適していますが、
今回のDLC、Dragon's Teethのマップも入り組んだ
マップが多いのでこちらでも生かせそうですね。

尚、『Dragon's Teeth』の一般プレイヤー向けの販売は
今月末の30日となっているようです。

トラックコレクションにも手を出す 其の2

ゲームなお話を挟みましたが、トラコレの続きを
ご紹介します。

トラコレシリーズの発売から数ヶ月。
待ちに待ったシリーズが製品予告化されました。
コンテナトラックシリーズです。

実はこの裏では新たなラインナップとして、
トレーラーコレクション(以下:トレコラ)が製品化。
第一弾としてISO海上コンテナ搭載のコンテナトラックが
発売開始。40ftドライコンテナ、40ft冷凍コンテナの2タイプ
10種類+シークレット1台がラインナップ。
更に嬉しい事が。搭載の40ftISOコンテナが
取り外し可能にて別売りのTOMIX製コンテナ貨車に
搭載可能と言うではありませんか!?

ダブルの衝撃でした。トレーラーコレクション第一弾は即予約。
当時大人買いのBOX注文しましたね。

届いて開封したらな、なんと!シークレット車が1台含まれてるw
必ずしもシークレット車が同梱されている訳じゃ無いので感動。
トレコレ・ISO40f正面1
トレコレ・ISO40f後方2
記念すべきトレコラ第一弾の中身がいきなりシークレット車とは
ツイてましたねw

そうこうする内に、トラックコレクション第4弾も発売開始。
BOX買い出来なかったので単品買いする事に。。。。

トレコラ・トラコレ双方とも中身の見えないブラインドパッケージ
にて中身が見えると人気車種ばかり売れて売れ残りが発生する為、
敢えて中身の見えない形で販売してるとか。

神にもすがる思いで購入した4個買い。
トラコレ・ECO31正面1
トラコレ・ECO31後方2
4個の内、2個が大当たり。初の製品化31ftコンテナ。
しかも日通のECO LINER31、U47A形。
いや~マジで嬉しかったです。
あと、もう1台の画像はありませんけど
(以前のコンテナ紹介記事で登場)

U47A形の全国通運搭載のトラック。
実は31ftコンテナトラックは4タイプ有り、
日通、全通、佐川(SRC仕様)、西濃(カンガルー)
タイプがラインナップされてました。
トラコレ・カンガルー正面1
トラコレ・カンガルー後方2
何回目の購入かは失念しましたが、
西濃運輸のカンガルー便仕様のU54A形搭載の
日野プロフィアをGET。
主にこのコンテナは北海道~首都圏間での
運用に載せられてるので東海道筋では見掛けない
コンテナですね。

同じくダブリですがECOLINER搭載のトラックもGET。
嬉しいダブリですw

その後、続編となるコンテナシリーズが冷凍31ftコンテナ
シリーズとして復活しました。

DSC_0024_20140717000858b4a.jpg
DSC_0025_2014071700085577a.jpg
こちらのコンテナも以前の記事でご紹介
した筈ですよね?U41A形福岡運輸所有です。

DSC_0022_20140717000856738.jpg
DSC_0023_20140717000857db7.jpg
日産ディーゼルクオンのUF42A形西久大運輸倉庫(株)所有。
トラコレ・冷凍日通正面1
トラコレ・冷凍日通後方2

同車種、同形式の日本通運(株)所有。FRESH!

トラコレ・冷凍日石正面1
トラコレ・冷凍日石後方2
同じく同車種、同形式の日本石油輸送(株)JOT

トラコレ・冷凍ヤンマー正面1
トラコレ・冷凍ヤンマー後方2
同車種・同形式のヤンマーディーゼル(株)所有。
(※現在はヤンマーディーゼル(株)は冷凍コンテナ事業
から撤退の為、同型のコンテナは他社が所有)

全部で6種のラインナップでした。同車種、同形式のランテック
搭載の冷凍コンテナトラックは余りにも人気過剰の為、
店頭には殆ど無く中古品でも高値の花で購入断念(T_T)
フルコンプとは行きませんでした。

更にその後も数回挑戦するもダブリトラックにて
事実上の断念。

その後はトレーラーコレクションにて31ftコンテナ搭載の
コンテナが製品化されるも品薄で購入自体断念。

オマケ。因みにトラコレを利用して搭載コンテナ以外の
コンテナを載せてみました。
トラコレ・BIG55正面1
トラコレ・BIG55後方2
フル規格のU55形 55BIG ECOLINER31。
超が付く程の背高コンテナですが幾分、トラックの荷台
が低底仕様なので載せても違和感無いですね。

トラコレ・FL正面1
オマケその2全通仕様のトラックに
UV54A形日本フレートライナー(株)(TOMIX製単品)を
載せてみました。こちらも全く違和感ありません。



本日、Battlefield 4 DLC第4弾『Dragon's Teeth』先行配信開始!

連投失礼します。

鉄な話とは一線を画しますが、ゲームなお話と言う
ジャンルを設けました。

と言う訳でゲームブログからの脱却を計った訳ですが、
たまにはゲーム分も補給しないと。
以前よりは回数減りますけど一記事として投稿して行きます。

本日、Battlefield 4のDLC第4弾の「Dragon's Teeth」が
先行配信予定日です。

プレミアムユーザーのみの配信なので管理者には
関係が無いんですけどね。(^_^;
一般ユーザー向けは今日から2週間後の今月30日から
販売配信されるようです。

実は管理者はBF4を諸般の事由により手元に無い状態
でして(データ等はしっかり保存済)近々には復帰予定
です。

今回のDLCのDragon's Teethですが中国を舞台とした今回の
BF4に相応しい内容で中でも、武器ガジェット類の中で初の
防弾盾が登場する事で話題になっています。

援護兵だけが使用可能な防弾盾。

正式名は『バリスティックシールド』

防弾なので今現在BF4で使用されている銃火器類の弾丸
はほぼ無効らしいです。(BF4ウィキにて参照)

但し、全く以て無敵なシールドでは無くて、一定のダメージを
受けると破壊される仕様みたいですね。一律20ダメージ喰らうと
破損するようです。
銃弾には強固だが爆発物には脆い。
爆発範囲軽減能力が無い為、まともにC4やグレネード爆弾を
間近で受けると上記のように破損・消滅する恐れが高い。

これも状況、使い方にも左右されるので要静観ですね。

しかしながらバリスティックシールドのアンロック要件が
結構シビア。

1:Dragon's Teethをダウンロード済である事(当然)

2:ランク10以上に昇進(基本でしょ!?)

3:Dragon's TeethのMAPをプレイ済

4:救済キルを5回達成。

5:制圧アシストを20回達成。

6:爆発物を3個無効化(要は破壊すりゃOk)

以上の6項目全てを達成すればバリスティックシールド解除。

爆発物の無効化は何となく出来そうですけど、制圧アシスト、
救済キルってのは容易じゃ無いね。

偶然の産物として救済キルは起こり得るんですけど、
敢えて救済キルしようと思って出来るもんじゃ無いし・・・
制圧アシストもせめて5回位なら可能ですが、20回も
アシスト出来るのか?疑問です。

今後のアンロックの数がどの程度増えるのか期待したいですね。



カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

fureita

Author:fureita
fureitaと言います。以前のゲームネタ話を一新し、趣味である鉄道模型話をメインとして時にゲームや日常的雑談をご紹介していくブログです。

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5513位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
737位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
滞在者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。