スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテナ貨車へのコンテナ搭載例 (12ft編)

ようやく搭載画像の撮影を終えましたので、
ご紹介していきたいと思います。
模型をされている方等に参考にして頂けると良いです。

基本的には1両のコキ車両には12ftコンテナは
5個、20ftは3個、30・31ftは原則2個搭載可能
となります。

DSC_0004_20140701230402a65.jpg
ややピンボケ気味ですがご了承ください。

ポピュラーなJRFコンテナ12ftです。満載の状態にて
5個です。画像は割愛しますが、妻面扉があるタイプ
の場合は必ず扉面は内向きになるように置かれます。
但し例外として連結面のデッキ側(手摺面)に向けて
搭載される場合もあるようです。

DSC_0005.jpg
3個積み搭載事例です。バランス重視が図られていますね。
12ftコンテナの重量は1個に付、5トンです。

両端に2個、中央に1個このパターン搭載例は多いです。

DSC_0006_20140701230404cae.jpg
4個積み搭載例です。中央に空きスペースが
ありますよね。
DSC_0008_20140701233101a31.jpg
2個積み搭載例その1です。中央両端側2箇所に
搭載されていますね。両端と中央は空いてます。2個積みの搭載
パターンは2パターンあります。

DSC_0010_201407012342019a4.jpg
2個積みその2です。両端左右に1個づつ。

DSC_0007_20140701230400eb4.jpg
1個搭載事例の場合です。シンプルに中央に搭載
されていますね。必ずと言ってコンテナが満載されるとは限らず、
次駅にて搭載される場合もありますし、停車駅にて天候不順に遭い
発車が困難な際には急ぎの荷物のみ降ろされて陸送になり、
空車での目的駅への発車というパターンもあるんです。

DSC_0009_20140701234608a55.jpg
非常にレアな搭載事例です。バランス的には悪くは無い
んですけど実例を見た事無いので。

ここからは不適格な搭載例その1。実車では脱線、転覆の
恐れがあるので無いですけどね。
DSC_0012_20140701234913266.jpg
バランスを重視している為、偏った積み方は即、事故の素。
片側への重量負担考えると怖いです。
模型の場合はコンテナはプラ製で中身は空洞ですので、
差ほど気になりませんが。コンテナ貨車自体にウエイトが
仕込まれておりバランスが保てるようになっています。

DSC_0011_2014070123491479d.jpg
不適合な搭載例その2です。本当であれば前後に貨車が
連結されているのですが割愛してます。
左側3個積みで、右側2箇所空席状態。
此方も左側に重心が行き過ぎで危険です。

逆にデッキ側端に1個移動させる形での搭載はOK。

私の場合は実車に見習い載せる事で、走行させた時の
リアル感を重視しています。見た目的にも良いのでw

最後は混合パターンです。
DSC_0015_20140702000503fc9.jpg
12ft(両端)中央に31ftコンテナを搭載例。
DSC_0014_20140702000505372.jpg
左側に31ftコンテナ、右デッキ側に12ftコンテナ2個積搭載。
上記2つ良くある搭載事例です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

fureita

Author:fureita
fureitaと言います。以前のゲームネタ話を一新し、趣味である鉄道模型話をメインとして時にゲームや日常的雑談をご紹介していくブログです。

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
7999位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
1011位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
滞在者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。